ページの先頭です
ヘッダーのはじまりです
  • ENGLISH
  • お知らせ一覧
  • サイトマップ
  • 文字サイズ「小」
  • 文字サイズ「中」
  • 文字サイズ「大」


本文のはじまりです

ピーエス三菱の建築技術

基礎・山留

基礎構造は、地上建物を安全に支え、かつ荷重を地盤に伝えるための重要な構造です。
当社は、仮設である山留めH形鋼と後打ち鉄筋コンクリートを一体化するATOMiK合成壁工法、基礎梁への杭の曲げ戻しモーメントの伝達を小さくするHRパイル工法等を開発し、高機能で高いコストパフォーマンスが発揮でき、かつ環境に配慮した工法へのチャレンジを行っています。

ATOMiK合成壁工法

従来は仮設としてのみ用いられた山留めH形鋼のフランジ面にシアコネクターを取り付け、後打ち鉄筋コンクリートと一体化した合成壁により地下外壁を形成する工法です。

合成壁概略図(拡大) 従来工法概略図(拡大) 合成壁概略図

○仮設材であるH形鋼を本設の構造材として有効活用します。

○H形鋼との合成効果により後打ち鉄筋コンクリート壁の壁厚は従来工法の地下外壁の壁厚よりも薄くすることができ、内部空間を広くすることができます。

○省資源化を図ることができ、環境面、経済面において優位性のある工法です。

ATOMiK合成壁の実施例

コンクリート打設前

コンクリート打設後

※本工法は(一般財団法人)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得しています。

杭頭半剛接合工法「HRパイル工法」

HRパイル工法は、杭頭を半剛接合にすることにより杭頭に生じる曲げモーメントを低減することを目的として開発された工法です。杭頭を剛接合とする場合に比べて杭頭の固定度を小さくすることにより杭頭に発生する応力を抑え、パイルキャップや基礎梁の応力を低減します。

それにより、

○基礎梁、杭の断面の縮小、及び基礎梁の配筋量の低減が図れます。

○断面が縮小されることにより掘削土量が低減します。

○基礎梁の配筋量が低減されるので施工性の向上が図れます。

杭頭構造概要

杭頭の曲げ応力分布図

杭頭の実験状況

※本工法は(一般財団法人)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得しています。

本文のおわりです


技術紹介
  • 土木技術
  • 建築技術
  • 建築構工法
  • 超高層建築
  • 免震・制震
  • 基礎・山留
  • 材料・施工
  • リニューアル
  • 計画・維持・管理
  • 環境技術
  • PC構造概要
  • プレキャストPC部材
  • プレキャストPC工法
  • PCと超高層建築
  • PCと免震・制震
  • 耐震補強工法
  • PC施工
  • 防災施設
  • メンテナンス技術
  • 技術研究所
  • PCとは?
  • 技報
  • 3Dギャラリー
  • PROJECT REPORT
  • 作業所ホームページ

技術本部へのお問い合わせ

関連コンテンツ

  • 個人情報保護方針
  • サイトのご利用にあたって