技報第13号
12/92

イを 技術本部 技術研究所 道博 技術本部 技術研究所 山村 古 業所 古 に 近年,ススンクー(,PCと)の,,長およのながめられている.石力発所なから年間1000 tされるラアッ(,FA)は,としていることでンクーがし,にするのやアルのながれるとされている.さらに,ンクーのCO2のや利の有効なののにもながることから,ラアッをPCににいることが望まれている.これまで,ラアッをいたンクー(,ラアッンクー)の,およPC部のながされ,ラアッをいたPCの実が分であることがされたため,石川の道でラアッをいたPCがにされることとなった.道はラアッ(結合にする15%)をいた日本のPCTであるが,ラアッをいたンクーはスランスが大きいにあること,期がいこと,およ期の生がやに大きなをすことから,にあたってはこれらにいてした.本報では,ラアッを道にするに行った合の,およで実したラアッをいたPCのにいてる. 道の一およをれれ,-1およ-1にす.道は,長22.7m,員3.3mのテンンPCTであり,主にラアッがされた.本はテンン方式のPCであることから,期の発,ASR効果なを合にし,結合にするラアッのは15%とした. イをート 31 道の主ンクーへのを-2にす.ラアッをいたンクーで-2のをするようしりを行い,所のをする合をした.なお,しりでしたは当社 -1 式 テンン方式PC純T 長 22.7m 間長 21.9m 員 3.3m 重 集重(3.5kN/m2)発者 石川 期 平成26年3月14日8月29日 面 面 -1 一 -2 ンクーへの 設計f'ck(28日) 50N/mm2スス入(14間) 35N/mm2スラン 182.5cm 4.51.5%最大 20mm で常しているものとし、ラアッには力(株) 力発所の分ラアッ(2.48g/cm3、面4600cm2/g)をいた。 32 スス ラアッンクー(結合33%)のスランの変を-4にす.ラアッンクーは,スランの変が大きく,がりのスランを目122.5cmに設すると設(15分/バッを想)にスランが目をることがされた.こで,4

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です