技報第13号
14/92

をしにする 技術本部 技術部 大山博明 技術本部 技術部 中 東京土木 土木務部 川樹 技術本部 技術部 古村豊 に 近年,ンクーの事がしてきており,の持の重や新設の長期なにする関心がまっている.今後,がは大な社会本スックの持がとなる一方で,財や力がすることが想されている.このため,今後の新設は,持にれたであることがめられる.こで新設PCのを目として,非である有機ンクーや続なしてをしくさせたPC(,PC)を設計し,ラクルス(,LCC)のを行うことにより,のをした. 21 対 -1にの様をす.部の式は,ステンン方式PCTとした.は,道方の区分Sとした. -1 部の様 道 式 純PCT(PCaセン方式) 間 長 30.000m 員 12.000m 22 ース ースを-2にす.ースは,のPC(,)が1(Case1)と,PCが3(Case24)の計4ースとした.ースのをる. 1 1 本はの区分SのPCである. 2 2 ス 本は部にして非であるをしており,最もがいである.ンクーはアラをい,やにはよりの続(,CFCC)をいた. 3 3 にをする 本はンクー部の部に非をいることで,部を重にするである. 4 4 にしてする 本はPCTにおいて部によるへのが最も大きい主部を重にするである. 31 ースの設計にいたンクーとの様を-3にす.CFCCのやはACC部の技術にじ,CFCCのにいては道方をした. -3 ースの 主部 所ち部 ンクー ンクー Case150MPa 12S12.7 30MPa1S21.8Case270MPaアラ 12.512 17.2 Case312S12.7 1S21.8Case412.512 1S21.832 ル,面力およ部の査方は道方にじた.なお,Case24の主のせん力のにはンクーがするせん力をした. 33 本設計では,設計であるため,ースのを一として設計を行った.-1にースの部のをす.は,,主ともにかり70mmをす-2 ースにおける部ごとの 主部 所ち部() 部 ンク ー 面ンク ー ンク ー Case1 ン PC エ ンPC エ ンエCase2 CFCC ンCFCC CFCC ンCFCC Case3 PC ンPC CFCC ンCFCC Case4 CFCC ンPC エ ンエ6

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です