技報第13号
15/92

PC -1 部の るため,部面が大きくなる.これにしてPCは,部部にがしないため,部面をさくすることができる. 41 -4にースの期建設をす.PCのはにて14,となった. -4 部の期建設の () 間 () 事 () Case1 66,293 41,027 107,320 1.00 Case2 97,842 53,848 151,690 1.41 Case3 72,697 42,253 114,950 1.07 Case4 81,847 46,473 128,320 1.20 42 LCCのは期間を100年間とし,持を-2のように想した.Case1の主ラン部は,がするためンクーがされている.このため,ンクーの年を想し,15年ごとのを計した.Case24は,当所の部にをしておら,スクがないためンクーは行わ,修計を設しないものとした. -2 持 期は,5年に1のでの実が土より務けられているため,Case1のはこれにじた.一方,PCは,部部にがなく,にてがしくいことから,間をすることが当とえた.このため,本ではCase3,4の間を10年,Case2の間を20年と設した. 43 LCCは,一にされる式によりした. ここで,I:期建設,C:,Cr:修,r:(本では0),t:年数 44 LCCの結果を-3にす.の結果,PCのLCCはにて12,となった.また,PCはにて約20%の部力のがれる.このため,部建設をめることでさらなるス効果が期待できるものとえられる. -3 LCCの ま PCはにて期建設がであるが,持がのため,LCCはよりもとなる.本により,PCはにおける力を有していることをした. Key Words:ンクー,CFCC,,LCC 大山博明 中 川樹 古村豊 に面にルにににに設050000100000150000200000020406080100as1as2as3as4技報 第13号(2015年)7

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です