技報第13号
17/92

し 本はであることから,平面のにより主にのれによる平変とたわみと主のじれによるたわみが生じる事がされた.のためステッをした3元により,にうのれとじりをし,とたわみにさせた.-3にルの一をす. 41 にて 3元の結果より,中心部で部の方()に最大で約40mmれると想された. 方のれにしては,のかりをするために-4にすように,のしの長さを変しすることとした.方方ともに,ックにとなる中心のをし,れをすることで,りす方を修しながらックを行った.の結果,アンバランスとなる間の8ックには計と一するれを生じた.中央合にいては中心のれをなくしすることができ,面にはのかりをしてすることができた. 42 にて 3元の結果より,記にしたのれのかに,しがにれ,-5-にすように,主のじれが生じることによるのし先にたわみが生じると想された.としてステッ(ンクー設,設ールおよ作業後)においてたわみのを主中心とし先とすることで,のれによるたわみと主のじれによるたわみをしたたわみを行った. にる 本の間はに行ったため,日による変がンクーのにし,たわみを生じることがされた.日が当たると当たらないのにより主がたわみ,と日中でのし先のは大きく変することが実によりできた.間ンクー設中はこのをけるため,により変によるたわみをし,たわみにした.さらにンクー設中のたわみをえるために,-3にすように,面を生することによりの変をするように努めた. おりに 本事は,2014(平成26)年12月にをえた(-4,-5).さいを有するしであったが,平面のをしたを行ったことにより,大きなが発生することなく計およをにめることができた.本報が今後のさいを有するしの参となれいである. e ords:し,平面,たわみ,3元 長 木博 日浩樹 -3 ル -5 れによるたわみ -4 方れ にるにるし- 主のじれによるたわみ -3 生-5 より-4より技報 第13号(2015年)9

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です