技報第13号
19/92

対 31 3 部は,一になとなり,のやのあきにするンクーながされる.本では,に部のD32方が8500のなりに125mm間でされる.また,主との部において主面がからに変しており,めてなとなることが想された. こで,にあたり3Dルを作成し,のック,の立て,バーターの入のなのを実した.3Dルを-4に,立てを-1にす. -4 3Dル -1 立て 32 対 部は1のンクー設や計もにいれ,約450m3のンクーを3分とした.部は,さが55mとスンクーであること,と主の1目をち重たでと主によりラスが成され,による主のがにされることから,のをするため,力を実した. のため,部およ部の目はセンをし,によるれの発生をさせるためにてンクーをした.に,部はクーンを実しれ数のをった.-5にのれ数分をす.また,-2に部のクーン設をす. -5 のれ数分 -2クーン設 33 に対する対 りしでは,設中のアンバランスーンおよ設の平力にさせるため,およ平力伝のがされているが多い.本も様に,一の部としてI期にみであった.しかし,の変にい,部に想していたよりII期のが大きくなり,平力伝のとのがとなっていた. 本はの方としてスッーがされており,このをいて設の平力を伝する方をした.計を-に,の設を-3にす.これにより,平力伝のを部のにがなくなり,ののをすることにもした. おりに 本は,-4にすように,し設中である.本稿が今後,様なを有するのにしでも参になれいである. -4 設 e ords:,3Dル,期れ,し設,設平力 藤本郎 中村一 本 ト- スッー計 -3 設真ーイ対 3132041141.741.7212111.542.51041.28技報 第13号(2015年)11

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です