技報第13号
21/92

3.4 ルを-4にす.面のバは先の結果をいてバアルとした. 3.5 ーー ル2にする査において,バをしたッーバーでめた面力と,バをしていないのれれからした面力をした結果を-5にす.このより,本のースでは,のにおいて,よりもッーバーの方がややにできたことが分かる.これのにおいては,とッーバーのはさかった. ーブストス 本は,主に入されるスス力が部にされるであるため,三元FEMをいて部に入されるスス力の有効伝長をし,これをで想するとすることで,の当をした.において,PCのからススが有効に分するまでのLは,道方にいL=(h+bf)/2より3.065mとまった.また,三元FEMの結果として得られた方力のを-6にす.結果から,中心,先およ中心の方力をした結果を-7にす.このにすように,査におけるススによる方力が一になる有効伝長は,道方からまると一していることが分かる.また,に入される方力も計と一していることが分かる.よって,ータルラーンである本にも,ススが有効に作するまでのは,おり道方からまるをして設計を行った. りに Aラン1号は執筆において,-1 にすとおりのをしては成したである. Key Words:2間ータルラーン,ル2設計,スス有効伝長 -6 三元FEM結果 -4 ル2の設計におけるル -5 方による面力 -1 成 -7 と三元FEMの結果 中一 長 石英 技報 第13号(2015年)13

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です