技報第13号
23/92

しししーブ本本本 -4 ステッ(2) しの力は,RCのアバッに力を設し, の面にも力(tep4)を設し,後方にしッを設け設をおこなった. 主し設後,ッン作業ににりかかれるよう,は間から一でスラできるようにした.また,ックはーでし,面修後,を実した(tep5) ーブ しの主方力のは,エのスにい,主は,所ちで続されているため,力をし,はセン目であるため,目部に力を作させないようにした.しし設に,ール,およエの主ールをし,設後に中エのールをし,成のールとした.ールはし設後にはがくなるが,設計重の主の力にがあっため,ラし,のまました(-5). -5 ール にる が60とさいため,し,手のたわみや,のによりに作する力のが発生する.のため,手をした事のーを実し,代なステッにおける手の,力をすることとした(-).では,手最大りし,が56mmが50mmれがる結果となりのたわみは6mmで,大きなは生じなかった.また,のによる力は,のりで,が4000,が2100と2近くの力が生じた. また,ので,主が平面にするれがあるため,のとしてッでできるように方を設し,との間にッを設できるスースを設けて主の方を修できるとし,しの方をおこなった. - ル おま 手がへした,先部のたわみはとんなかった.これは,よりも手のがかったとえられる.力のアンバランスによるのれは,がにするが最大である.のののれの実は,がの23の31mmであった.これは,をルし,アンバランスの力(が4000,が2100)をしたの計とじであった. の結果から,し設の手のおよ想される力は,結果の当をすものとえられる.またの一部にスセンをしたことで,主作期間を2月することができ期の目も成できた.設を-1にす. -1 設 e ords:し設,ス,,道 博 加藤 しししウストースイにる対をにるをしー技報 第13号(2015年)15

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です