技報第13号
25/92

ーができる合は,主を一してから設することが多いが,本事ではにセンをきするスースがく,入するとにするがあった.のため,発参では設PCでセンをきせ,設する方がされていた(-5).この方は,センりの数ができるが,センの変ながとなることが想された. -5 発の設方 実では,センのりがえるが,セン毎のさがにできるよう,センをることとし,センの,し後にPCをし主を一した.セン設の設のたわみは,最大80mmであり,センのさをしながら,せんーを合しをおこなった.実でのステッを-に,主の設を-1にす. - 主設ステッ -1 主設 ーブ Uンは面であり,主ールは主が変し,エ変部分なに部力が発生するれがある.のため,事のFEMによりをし(-),作業を実した. にしてはをけるため,に2ールを行い、に力をした. また,ステをいなるに努めた. - 主ールFEM おりに 本事でのは,部での,Uンの実がない中での重設,しい期設であったが,方にいて重にし,で期に事をすることができた.今後のにおいて,本報が参になれいである. -2 成真 Key WordsUン,門クーン,センのり 大博文 一 をしをてト主ール エの変ーにてトをにしトをりりトをウイり技報 第13号(2015年)17

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です