技報第13号
26/92

サ ーブーブーブトス し 大 土木事部 大 土木事部 藤 技術本部 技術部 中 大 土木技術部 に 本は京都にするで,をいたPC合ラスである.この式はしく,での道の実もない.建設にはがあり,のスッの一でもある.のため,とのを重した式がされたがある. 本報は,実に手するに実大部力実を行ったのを報するものである .事 本事は,発事業の一で設をへ設する事である.に建設されたPC道としては,本の間長は72.8mで,90mをえるこれまでの実にしてであるが,間長にしてがさいことや,設ステッにおいてへの変を行うことなのを有している. を記に,一を-2に,主面を-3にす. 事 :部設事 事所:京都 発 者:土近方 川事務所 式:式PC (をいたPC合ラス) 長:77m,間:73m,員:9.2322.8 :90,重:A重 主:PC19S15.2 12S15.2,SMA570W,ンクーck=40N/mm2 . 本実は,部のをすることが目である.PC合ラスにおけるとンクーの部は,を成立させるで重な部であるが,の式はされていないのがである.このため,の実におけるは,にがされた式をするか,新たな式の合には部をした実大,あるいはルによる実を実し,をした後にをしている. 本では,がとなるがあるが,ーのがンクーに設されることや,ビルアッによるがされているな所があるため実大の実を行うこととした.これらの所はをしてめられている(-3). 実大実にしたは,部の作()がであること,およ実大にしたことにより部の立,作のをることができるためである. . 実は,が面(250250mm)で,設計重に最大力が作し,ンクー部がさいの部とした.-4にの部のをする. ートートートートートブートートブートブートブ-1 成想 -2 一 -3 部 -3 主面 18

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です