技報第13号
27/92

ブートートブートートートートー . 実は20000kNー(大業大学所有)をい,-5およ真-1のようにをかしたでした. 部のンクー部を平させるため,ンクー部と持の面にはテンーを設し,ンクー部の近にピン持の平をした. は,3のとし,の力がおよ,の設計重にしたでれれし,の後,に作する設計重力の1.7の重(重)までした.また,実にはのみをすることによりの力をした. . 6.1にし 部には,大きな変や,れはめられなかった.ンクー面のみのは,設計重のみであった.の力は100N/mm2であり設計重のをえる力は発生しなかった.のため,はのをするものとできた.力がL2当にしたも様であった. 6.21.7にし ・縮材のーには,れが認できたが,には,れはされなかった.コンー表で定された縮最大は,設計時のの1.2であった.これは,に対して分なをしていた. の力は100N/mm2であり設計重のをえる力は発生しなかった.部には大きながめられないことから,このは設計とされる力を有しているとされた. .ま 設計重,およ重当(設計重の1.7)の力をにした結果,近目,およ,みの結果より,の力はされていることができた.また,実大としたことでのもでき,今後の作にもさせていきたい.実にあたって,設利を頂いた大業大学関係者にはく感いたします. Key Words合ラス,力実 藤 中 -4 -5 -1 実 - 力と平変の関係 1.7×設計重2926KN 設計重()1758KN L21969KN 平面 A-A面技報 第13号(2015年)19

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です