技報第13号
31/92

なり,の期を大にしてしまうがある.って,アタりの間をなくする方がであるとした. アタりの間をする方として,ーンンとンザールンーの2機での先行のを行った.の結果,にれるンザールンーをした. -2 日数 -1 ンザールンーによる先行 さらに,発ができないことによる作業効のとして,と大セアでの作業効を行った.の結果,大セアがにれるとし,大セアと大ーー(0.5m3)のでを行った. -3 大セア 1のは大セアより多いがりに間が. はないがセッ数をやすことが.またがである. をしていても道にするがる. なし. -2 大セアと大ーー作業 また,ンクーのにいては,土のタンでした式ータルステーンによる計にて変のを行った.(最大変:0.3mm) -3 ま 今のでは,でンザールンーによるをしたことでアタりの間は,で18.0min/m2,約53の大なを実した. 一方で,ーの約,ンザールンーの力を得ることができなかったため,ターンテールをすることによりのをいてしまったことはである.は,当計の3.0月にし,2.7月ですることができ,約10の期を行った.期では,約20の期を成し,大なをけることができた.本報が,今後の事における参になれいである. Key Words:,大セア,期 樹 藤原浩 中一 L=314m(長)長L=31.4m ーンン 86 ンザール ンー580 所日数 90日 (本数365本) 18日 (本数54本)技報 第13号(2015年)23

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です