技報第13号
33/92

もしくなることがえられたため,式機をすることとなった. 31 ー 所ちのーを-4にす. 手は一なールーンとじであるが,ーン建み,,かご建みにが加えられている.ーン建みはラッルにより方から行っている.また,はーを立ててンーラをりす事がないため,ーをスラにしている. -4 ー 32 設において約20mをした後にめしているため,重60tの機にする力がした.所ちにおけるのをすることがのに結するとえられたため,面にきを設するとともに,面から10mのをセンにてを行った. 33 はンーラにて行うが,であるためにンーラもとなる.となることにより重がくなるために力がし,な土においてはがとなる合がある.また,本事はがいため,のによる力のも発生する. 本はンーラを成する部をくすることで重を重くするとともに,のりをくするようなとしており,なンーラにおける力のをっている.ンーラのを-5にす. -5 ンーラ ーンも15mのをし,にして入することがない合に,ンーラをーンに入れることをとしている. 34 当事の所ちにおけるかご長は859mであり,当はによる継手を設けて最長40のかごで計されていたが,45においてはり代をして最長15とした.継手はとのから機継手とし,主数をにき合わせるがあるため,続部のスーにラを入するDッのタをした. 35 ート 当事はで生ンをーン部までせることがであるとともに,ーンきおよーきを方から行うことでスーのがないため,生ンクーの設はてンをいて行った. 41 機からまでを1日目に行い,かご建みからめしまでを2日目に実した.1本当たり2日のを実に行い,にれが生じることはなかった. 42 後にを行い,所ちの計を行った.の結果を-2にす. -2 計結果 計結果のてがにまったことから分なをできたとえる.なお,入れ長およにいてはに本数にして計を行い,てをにめることがた. す 本事は,45mとのため,所ちには非常にしいであるとともに,とにしてもがされた.しかし,ールーンスラをすることで事に所ちのをさせることができ,石じり砂のにおけるの心にしても,力のさから分なをすることができた. e ords:,所ち,ールーン 部真一郎 目 計数 計 50mm 96 3918 心 100mm 24 169 設計 30mm 48 1826 加付設さ技報 第13号(2015年)25

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です