技報第13号
34/92

事 大 土木事部 中野 に 部道は,京都道(山間約100m)の一部区間を成し,京都部中部のの,の,における代のを目とした長292mの道である.部事は,の一部区間の山間部をし,川のしを行いながら,をし,部129mを持設によりする事であった. の,大は9000150mの立で,所は,がするンル事にまれたで部でのであった. -1 -1 (P1) 事 事:部道部事 発 者:土 近方 知山川道事務所 期:平成25年2月14日平成2年2月28日 式:大 9000 長 150m 土 ンラーー c(C) 今の大のは,川であった所をするため,がく,面はをしながらで土にしなけれならなかった.また,な所でのをしてにがあることから,もし,のルタルランを変して土のンラーーとした. 対 311 大所のはーの(C)主だが,の多いがありはがにんでいて土をはさみしやすくも10とい.よって,けンクーによる土は,にりをくれがあった.またとしての入がであり,期もかかり事も大となるがあった. 312 対応 のにしては,土めとしてラーーt2とン200200をした.-2にす.ラーーはで立がであり,な所でのでは有効であったため,期をすることができた.のにしては,で土にするため,力は300ととして2の力があり,に関しても効果があった.土めをいても山からのによっては入なのがとなるがあったが,めラをなくしながらすることができるため,山部のや,の入をすることができ,がい所や,のでも効果であり,のにもなった. -2 土(P1) -2 P1大 26

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です