技報第13号
35/92

321 P1のと大との部のが重する部は,の大のののえ方では15のックを設けてする手であるが,今の大は,られたでを最までしたため,部で主がし,設計の主D51の部がックとなっていた.また,のせんD29と中間D29が方と方にされており,主D51と土ラーーともしていた.また,P1の中間D29と,合部としてD25のが250本されているとなっていた.は,れれ長にわたってしなけれなららいため,部は実にできるがであった.-3にす. -3 合部 322 対応 の中間D29はのをックで継いだ重継手としていたが,ックのをけるため継手を変し1本もののとした.のックは方のD51,のD29の方にックをかけてしていたが,設計では方にかけるはないため,にのみックをかけとした.-3にす. -3 -4 P1の部にする中間D29は,ックであり,立ができないであったため,のックのをー(eadbar)に変した.このはまたはのーを部に(I 360)により合したで,ックとのがあり,今のようなックではできない所では,ながになり,作業が純か力できた.-4にす. -4 -5 実としてを実したが,のという様にして分ながあることができた.の,での中間としてする合のまでのもめて部によりの効果が期待できることが実によりされている. ま 本事の大の方にいては,のいのにして,しいでも山をさをし,との,持力を分することができた.また,部においては,部の設計でをするを部に設けなけれならないため,との合部はこのようなとなるが,や,をし,な所でからまでのをこれにより,の効果でできた.のにより,のをはかり,においてもの効果が得られ,にすもさくでき,発者の事をすることができた.今後も,様の記による変や,しいでの発者からのに,意によりしていかなけれならない.このが様の事にできれいである. - 真(からを望) e ords:土め, 中野 技報 第13号(2015年)27

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です