技報第13号
36/92

イに対する 技術本部 技術部 志道昭郎 東京土木 土木技術部(東) 加藤 技術本部 技術部 村生 に が平成24年にされ,大(2)にするがされた.このにって,これまでされてきた2のが今後はとなることが想される.しかしながら,最も実の多い立タにいては,2にするな力の設方や手をすはないのが実である. 道方編(道)にされる2の設計平をいたでは,常およ1でしたを大にするがある結果となった. これらのことから,今2元(力)による2のを実し,立タのをした.にはoi Psをいた. 21 対 は,PCの面3れれで,最も力の大きい3をとした.-1にラータをす.は,技術査明報(査明)に記するを最大とし,最4mおよ中間のの3とした.は,査明とじ15砂土の一様なを本とし,のによるをするため,403にいて5およ30のースを加した. ースは,常およ1を査し,入れ長は長とみなせるe30でした. 22 221 -1にルをす.ルのがないよう,設計の面までのの10となる300mをにルした.PCを(アル),を平面み(ル)とし,にンーを設した.は,さ方に面を10区分,面を区分に分け,区分毎に平さで数を設した. -1 ル -1 ラータ Case (m) 入長(m)1 540315 40 5 2 55 3 0 4 640215 40 85 5 60 6 80 40315 40 10 8 65 9 85 10 5 135 11 30 85 はル毎にじで一様な 入れ長は常で設(e3を) ーーーーーーーーー28

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です