技報第13号
38/92

しイにる報告 事 東京土木 土木事部(古) 洋 土木本部 土木部 砂子洋一 に PCは,平成1年6月に知で道をして,これまで本数約2400本,重約3tの事をしたが,これらの実を分してみると,PCのに発生する部部のけと一部のしい (がい砂) で実となっているは,ながとされていた.こで平成24年11月に,三重日で方、建設ンルタン、新聞社の参加のもと新しいと新しい間め部の築方による実を実し,のとのをした.本稿では,これらの結果を実にした結果にいてる. -1 事 長道事は,都計区におけるのないなの,設や設へのアクセス,な行区間のを目し計が行われてきたが,の約と人へのアクセスがとなっていた.こで,でにもするPCでのをするとともに,PCを利したI 重スラのにより,やスに成した.一平面を-2に,を-3にす. -2 一平面 -3 対応 31 しイ 部のけをするため,のスラから合せに変した.また,の合せ部は,間め部築に面へのセンのをする機を加するため,スッ部にを設した.は,中のとならないようスッにめ,設後,土中の分やとし,約2間でが100となり,間め築部をするみである.のから間め部築までの期間は,3間をするため,にする期間を2間に設した.また,に発生する目間の,効果の,期間のをし,CCR(4)をした.は,(面)のみに設した. 部の変を-4に,の設を-2に,日数によるのを-5にす. -4 部の変 30

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です