技報第13号
39/92

-2 の設 -5 日数によるの 32 し 間め部の築方をちンクーからへ変した.は,間め築までッを入し,ッ先よりスラーをしながらを行うことで部の土砂と合を行い、を成する.間め部の築を-3に,の様を-1す. -3 間め部の築 -1 の様 41 本当たりの設間は,約15()であり,間(10)をめた本当たりの間は,25(本) となる.これを日当たりの本数にすると,0(日)25(本)280(本日)となる.(平成22年10月)での日当たりの設計本数は,264(本日)であることから,新しいにおいても日当たりの設計本数とのであることができた.また,のスラとしても,10の間のを実した. 42 PC技術(平成22年10月)にき,結果を-2に,変結果を-3にす.より、新しいにおいてものを分しており,のスラとのをすることができた. -2 結果 -3 変結果 43 面の後,数月ので後のにおいて,目部のやみだしは,くされは,分発されており,実結果でしたの様の当ができた. 44 後ので部のけ所は、くくの変による効果ができた.目い目間にいても,のはく感じられなかった.面部は,間め部築のセンのがくく,新しいにおけるのが発された結果であった.実により540のにッ(500)との部がしすることがされていたが,ッを420mmにすることにより,をすることができた. ま 今の実へのにより,新しいや新しい間め部の築方の有効な効果をすることができた. 今後も実をみ重,のとの大を目し発をめていきたいとえている.また,スのは,やのは,大であり意によって実しなけれならない.今後,PCが,のと力を立させたに成長するよう本稿が参になれいである. e ords:,間め部築,がり 洋 砂子洋一 技報 第13号(2015年)31

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です