技報第13号
4/92

行のすすめ 役常務執行役員 技術本部長 建設業をりくが大きく変わうとしている.先がうであったように,わがにおいてもかてのような大なンラは期待でき,先行き明なをえている.のようながりの事業が期待できない中,建設業にめられる技術もまた変していくことはである.められる技術はなのか,すでにいくかのーーは明らかである.力,新修技術,,.これらの社会にして,ピーエス三菱はのような技術をにけてアピールしていくのだうか.当社の意に関わる重大なである. 新たな技術を産みすことはなことではない.をりすこともしくない.しかもの技術は,さままにが変するにおいて,きちんと実することができる技術でなくてはならない.さらに,新しいにはがきものである.実をりしながら,これらのをとし,より力のい技術へとラッアッしていく努力がである. 建設業における技術発は,研究発部門だけの業務ではなく,をめた社でしていかなくてはならないものである.技術発もまた力なのである.

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です