技報第13号
40/92

開 技術本部 技術部 大修一 技術本部 技術部 大 に の道における事では,が近している合,をりえるを面行めとし,もう一方を面行とすることで事を行ってきた.このために重では行ーンによる事の発生がされている.こで,一のみので,か合部のがな面を発した.このの疲をするため,目部における重疲を実し,このをした.本稿は目を有した面PCの重疲報である.-1に面をす. 面PCとは,間方に分されたテンン方式PCを作し,設し,ンクー合ーを有した目部を合し,ステンン方式により合したものである.-2に目をす.一後はなしで重にするとした.また,目部はないをすることで,結によるンが多にまれたが一目部にしてもにながらないものとした. 面PCの合部におけるをするため,重疲を実した. 31 お 道の事をとすることから,の道方(昭48年2月)におけるRCの最大間(4m)およ最大間からされる最(230mm)をに,の間およをした.なお,の都合,純としてを行うため,スンセンターのーンが続ととなる間()とした. 32 面PCをした-3のようなを作した. ンクーは50mm2とし,目部はッスとして作した.生は生後に3日間の中生をした.はステンンとし,で合一した.PCは1218をいた.合ーは設のーとしているものとし,非のものをした.合の目部を-1にす.は重による設計ーンにして目部がルススとなるように設計した. 33 C研所有の疲機をいて,疲のを行った.ステッおよ重機の方は,に実した方(文1)をし,160-2 目 -1 目(合) -1 面 -3平面 32

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です