技報第13号
43/92

分する.分するルバー部のには,部を新設し,ルバー部の力をけえて部を持する.新設は,設部をさせるールと,面にするールをしたPCとした. をしながらので,かの建築にがかったため,方やにするがあった.のため,での新設やルバーにかかる力の変,ールととのり合いをして新設のは1と2に分けて行った.新設後のステッを-4にし,にを明する. 341 1 新設のためのが,新設面のールとするため,ールおよールのうちの2本を先行してした.これにより新設の重と重をできる力が入されるため,のがとなった. 342 ルバーにッアッおよさを行えるよう,新設の後にけッを設した.このでは,はしておら力をしない. 343 2ー 2を行った後,ルバーにルバーの力をて新設にけえるがあるため,ッアッを実した.しかし,一部の新設ではルバーが力をしているで2を行うと,ーバーススにより新設に力が発生するためッアッを2に分け,重の行をに行い,2も2に分けて行う事とした(成真を-2にす). 35 当事区間のは,部後,立てによるが実されていた.本設計では,続による変にあたり,による設計を行い,所の力ができないはを行う事とした. おりに 本事は,ルバー部を続するに,部を新設し,ルバーを分するというのない手であった.このような手をできる所は希であるが,今後加することが想されるPCの事に本稿が役立ていである. e ords:ルバー部の続,部,ルバー部の分, 渡知 三郎 -2 部設新設成真 しり しにりに応ーートート-3 続 -4 ステッ ーブにするななるーブーーーーーーウ技報 第13号(2015年)35

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です