技報第13号
44/92

にる技開 技術本部 技術部 山 大 土木技術部 設計ルー()真生 に は,部方式と方式に大される.日本では,部方式によるが多くされているが,海洋ののようにンクーのとがりされるではがなく,のがしいといったがある.また,結をするようなでは,部において部分なが発生することが多く,部方式では面がさくてもがとなるため,面あたりのスがくなるといったがある. こで,記のような部におけるとして方式による技術の発を行っている.これまでの実から,であるのを,(i2とす)を入したセンですることによりがすることをしているが,やi2加が効果にすにいては明になっていない.また,1所あたりの有効,有効においてできるの(本数)およの方が効果にすにいては明らかになっていない.本報では,のうち数本のにする効果のの結果にいてる. のを-1にす.は310mm210mm200mmのとし,13mmのみがきを8本設した.ンクーは,ススンクーを想し,Cを42とし,ンを5gm3加した. を設するスースとして40mmのをし,10mmのを2本もしくは4本した後,発中のをした.は,とのから305日までは5060の中とし,れは部分せきとらせたにより9095のとした. の設およ設本数によるをするため,は-2およ-2にすとし,をの中央(o1),(o2) およ(o3)の3りに設した.なお,o3は,o3のを4本としたものである.目は,と間にれる,中のとの,続を一にした後の(,ンスタン)およ続をして24間がしたでのをとした.なお,今のでは続から24間後のをとし,ンスタンと24間後ののをとした.およのは,式のル合により計した.なお,ンクーのでは,一にが100mあれ効果があるとわれている. との続から約430日間の結果を報する. と間の発生との変を-3にす.を2本した(o1,2,3)の発生に大きなはなかった.一方,4本したo3はo13として,から約年間は大きな発生であったが,れにおいては者に大きなはめられなかった.また,すてので間のにって発生 イ -1 の -2 No.1 No.2 No.3 No.3 a () 10 6. 142. 142. () 10 142. 6. 6. 2本 4本 数 1 1 1 1 をを -2 の設およ記号 36

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です