技報第13号
47/92

本ス 2012年6月から,当社のには遠ッをしており,本ステは2015年6月,16のにおいてしている. 本ステによりラされたータの一として, 2007年3月から本ステをしているにおけるの結果を-2にす.は1/月にされており,本ステを入後8年の間,(100mV)をしていること,がからにかけてし,からにかけて大するというが毎年りされていることができる. -2 本ステによる() 本スにる 本ステは,利者およの異なる記ののをしてされている. 遠ッから者有ンにされたータを者が,分を行うためのステ 遠ッから当社のバックアッータースにされたータをンターッにピーすることで,当社当者がンやiPadをいてに,分なバルター 遠ッから当社のバックアッータースにされたータを当社当者が,分でき,者への報作成機や,に異常が生じた合に当者にアラーールをする機を有するPMステ ま,後の一期間は,-3()にすように期合の期や,目における変のの,にれな者への技術なを目に,当社当者が主となってバルターやPMステをいた持を築しており,者がステをいて持を行っているースはごく一部にとまっているのがである. 後から一期間がするが加する今後の望としては,-3()にすように,当社としてもバルターを利しながら持の技術なにできるを築し,ステにいては報作成機の,利が当社当者にされているバルターにいては,IDとPASSWORDが発行された者が利なへの変を行うことで,者もしくは業務委者で,後の持をに実できるようなをにりである. 用た用に置に置用ーー用ルー用置用置に置用ルー用ーー用 -3 本ステをいた持 おりに 本稿では,後の持におけるの方のをるとともに,これらをするために当社がしている遠ステにいて,長,,これをした持のと今後の望にいてた.本ステは後の持における合,に大きくするものとえられる.本稿がをしたンクーにおける長と合な持,さらにはのなる大にながれいである. Key Words:,遠ステ,持 山 知 川洋 技報 第13号(2015年)39

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です