技報第13号
49/92

方式と方式のとした.の入間は,201間とし,1-N-Aでは30分間入方式を行い,の後は方式とした. 評は,PCからをし,したものに純を加えけしたCl-とNO2-をンクラにより分し,Cl-にしてNO2-による効果が発されるとされるCl-/NO2-1.25をに行った. -2に所をす.-2の面において色したように,をPCでまれているため最もLi NO2の入がとえられるPC部に生じたをに,A,Bの2からをした.所はCl-によるしいにより,PC間がでたされたであった. 結果を-3にす.方式のみで入した1-Nは, AもBもCl-/NO2-1.25となっており,Cl-によるの行をするのに分なのNO2-がされない結果となった.これは-2の平面真にすようにしいによりPC間がでたされめて間されたとなっており,このようなではのいLiNO2であっても面力がし,にするとのがられたためとえられる.に,入方式をした1-N-Aは,AおよBともにCl-/NO2-1.25となっており,Cl-によるの行をするのに分なNO2-のがであることがされた.1-Nと 1-N-Aとのから, NO2-のにおいては,入方式が有効に機したとされる.入方式は,真ンによるを続にしたでLiNO2を入する方であるため,一に知られる真作が生じ,にしていたが,大にともなう力の大によりやかに方へし,結果として,LiNO2とのがスーに行われ,効果にNO2-をできたものとされる. おりに 本稿では,実でされたようなしいを生じたPCを有する実大においてLiNO2の入実を行い,の結果,方式に入方式をすることで,最もが入しにくいPC部までNO2-をし,をできることをした. 本稿の成果をまえ当社では,ッ(Hー)のにおいて,入式入の継続間をり入れた入のを実し,効果のに努めている. Key Words:ッ,PC,,,真 知 石浩 -2 所 側面面面置面取取た取たー -3 結果 技報 第13号(2015年)41

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です