技報第13号
5/92

の発なで当社とも関係のい大学のは,の研究者としてもである.は数年ごとに建てえられるのであるが,によれ,の設計は毎まったくじではないという.の々のによって,明らかに設計が異なっているとのことである.新しいは,の面を見ながら,先がをえ,うしようとしたかをし,分なりの新たなえをしだしたにいない.れれののえ方や代によって,が変わるということである.技術のえはとだけではなく,技術者が真にえ,行した結果のととがえとえるのではないか,あらためてう思うのである. 今の技報第13号には,39編の記事がされている.ここには,技術発の面で,あるいは業の設計やの面で行われたさままな行がまっている.のととがピーエス三菱のの財産である. 是非一読して,われわれの間が行したをってもらいたい.に力を入れるはない.んやりとめるように読とこからめてもらえれよいと思う.んななりみが人の技をめ,いてはピーエス三菱としての技術力にがるのである.さらに,アルだけではなし得ない,真の技術の伝もとなるのではないか,んな効果を期待している. 2015年8月 技報 第13号(2015年)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です