技報第13号
50/92

ウトにする 大 土木事部() 大 土木技術部() 中 に PC3間続合成の修事実ににおいてされた-1にすようなめPC(,めという)のラにして,ッをした.本事はッのめをとしたであり,多主のめ有のをしのとなったが,好な結果が得られた.本稿ではのにいて報する. -1 でされためのラ 対 -1にの面,-2に面をす.には,間中央4本,本,合計本のPC(125)がされている.ッによる修は面からのがな間中央にされた本をに行われた. -1 面 -2 面 31 しPCース -1にすようにめの一部でースがし,PCがしていたため,-2にすようにースのを行った.ま,PCりのンクーをンールでPCにをえないようにはりり,に,エンースをにしてPCをい,のからテーをきけた.この,(,という)およ加修(,修という)の入にをきたすースのが生じないように意した.ースを後,入タの面修により面修を行った. -2 ース 32 にて の入に先立ち,として真ンによりース部のを行い,ースの真をするとともに,入のが想される所(,所)となる発生所の査を行った.実の多い主ールの事では,ースの真がい合はれや部から明なが生じ,に所をすることができた.しかし,めをとした本事では,ースの真がいにもかかわら,明なをできなかった.は-1にすように主との継部がし,こではンースでースが続される,が生じやすいとえられたため,当継部をルタルでした.また,面にいてもあわせてルタルを行ったが,真に変は見られ,結果として入に所をすることはできなかった. 本事では,入にースまでをできないの多のが生じるがあるで,入を行うが生じたため,をにー生し,がされたで結のセンで所のを行いながらの入を行う計とした. し エース し 1り4本 ブ対本 42

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です