技報第13号
51/92

-5 -4 修 中 -3 の 中 入には,-3にす主との継部からみるようながされたが,センによるを行うことでの入を継続でき,がース部となる-1にすの面からすることを目でできた.の後行ったエア方式のの入と合わせて,ラ部にをさせることができたとえられる. 33 にて めにおいても主ール合と様にースのラ所のの大きさが一様ではなく,にりなく近いような区間がした. このような区間は主との継部に多くみられたが,主にめースがされた所ではラ入のア(80)を行うことがであった.こで、ー(2mm,25mm)を主のースのの先まで入することでースの々までラをさせた.修を-4にす. 修のの本では,とはする一方,修はしない区間があり,修中にがされた.として,部近に入のア(80)を加し,ここから所までーを入し,ラをした結果,ーからの修がされ,事に修をできた. 34 修としためにいては,ッ後で,-5にすとンクエーによる非を行い,修のをした.また,修において中でした所やに間をしたールにいては,30mmによる目査をした.-1にの結果の一をすように,修てで修のが好であることをした. -1 の結果(めの) 伝 (msec) 入力(102) ッ4950 0040 ラ ッ後4590 0029 修 ま めを修にッをした本事では,主ールの合として,ースのがく,所のもながされた.これは多主のめをとしたのの意とえられる.として,部分である面や部において,継部のにわかなが生じるような間が多数する,もしくはめースへとするれがするがえられる. ラではラ所のが非常にさい所がされたが,ーの入によりでき,およ修を実にすることができた. ッ後に行った非査およ後に行った目査により,修すてのめで,修のが好であることをした. 本報が,今後の事の参になれいである. e ords:ッ,,めPC,非 査 細ーブ PC 技報 第13号(2015年)43

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です