技報第13号
52/92

にる事 し 大 土木事部 大 土木技術部 川 に は,1963年にされた16間のであり,部のへれれ8間と7間のステンン方式PC純Tでアーする式である.PC部は,い分やかりのをけ,主やに年によるが生じていたため,を修が実されることになった. としては,部をいた方式がされ,をする設計となっていた.しかし,かりさを査した結果,のにとなるさをる所が多数された.のとしての方を変する手がえられることから,の方を変した合に,のができることをへの分によりすることとした.また,本は区に設されていることから,設に発生するりのがとなっていた.こで,を行い,れれの効果にいても実によりを行った.本稿では,記の結果およ後に実しているにいてる. 事 本事は,年にする修およB重のためのを実する事となっている.面を-1に,事を-1にす. 事 :修事 発 者:道社 者:株式会社ピーエス三菱 事所:山 -1 面 -1 事 方 部 部方式() 主 主 ーー 主 ー ラ入 査入 主 31 事 のは,もしくはとする合があり,にれれのをす. 311 までのかりがさい合,を設するのさをさくすることで,のがであり,設のがい.一方で,設のおよが,としてる. 312 として,設のり作業が力できるため,としてがく,である.一方,までのかりが非常にさい合,をに設できないがある.また,きに設する合は,の研究によりが好となる方をするが,部にが発生するれがある. 41 分されたをめんだ300300150mmのンクーを作し,面にを設する.設後,にをし分されたにされたをすることで,分におけるの分をした. 目としては,ンクーがしているン,の設方,きのの有をラータとし実を行った.目を-2に,の方を-2にす. -2 目 のNo. (kg/m3) 設 有 数 A0.3 設 あり 2Bなし 2C設 なし 2E3.0 設 あり 2Fなし 2G設 なし 2 -2 ウトート 44

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です