技報第13号
53/92

42 分における分の計結果を-3にす.らきはあるものの,FEM結果とのであり,また方およの有の合においても有意なが発生しないことをすることができた.より,本におけるの設方にいては,きときをして行った. -3 分の分 対にて 51 対 において,設のためにを実する.この,ンクーッターによるりでなが一期間発生する. のとしては,ー設によるやののを生成させてをさせるおよ,の部分にをうように設しをさせるがある.事においても,所が人に近しており,へのから,の設に発生するなをさせることはなであった. 記のは一の評がある一方,となるータは分であり,の実や実において分ながないとえた.こで,実にの実およ実をし,の効果のを行った. 52 実をするため,PCTアを設してンクーッターによるを行い,およ近ンン当に計を設し,による効果のを行った. のを-3,結果を-4にす. -3 1 ー1 ー ー1ル -4 結果 これより,面からの4m(想)におけるのは,としてー1で15dBA,ー2で20dBAであるのにし,ー1ル設でのは30dBAとなった.また,でのは63dBAとなり,の85dBAではなく,道(間)70dBAをる結果となった.さらに,にはれないが,のりでながえられることがされた. より,ではー設に加え,ルによるを実することとした. 53 はアに設したーのにルを設し,のもルでうこととした.また,の発生をするためにバーきのンクーッターもした.は1間常4所で行ったが,はで70dBA後にえることができた. に大ンンやアー,がするしいの中,後もは皆であり,ルによるの効果が大きいとえる. にはとともにとなるにより発生するとして,集機のにをする集ステをでした.このステのは,集機にをわせないので集機のィルターの目まりがなく,継続ながなことである. のにより,作業はもとよりにもよい結果をもたらし,事期間中,近の方々との好な関係のもと,事を成することができた. Key Words:,, 川 側面対ートートート本 技報 第13号(2015年)45

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です