技報第13号
55/92

の,設り,き,ールのステッにおける主力のックを行い,ののを行った.の結果,に重の分効果がわれた合,ールススの集中によってがーバーススのとなることが明した.こでにール力を(設計ススの23に)して,後の力変が最となるように設の力を行った.-1にのーーをす.また,作業中には設のたわみの計(想)と実をし,常に作業がな重でんでいることをした. 対 本事の所はでが集中しているため,第三者にするには一のがめられている.また設のPCのとして,ラのがあられており,ンクーとPCのが分であることが想された.このためや主にい,設部のPCがし,大きな事にながるがあるとえられた.こで,主ールおよめールの部面にはPC(-3)を設し,事をこととした.のはPCのエルーを効よくできるものとするためと樹発を重合わせたものであるが,の知見でPCのエルーをに評しを設計することはであるため,の実結果を参にのやをめた.また,設の方のはーーンをいて行ったが,道にした所での作業となるためーーのにするとして,ーにのー(ー)をりけた設を新に作し,した-4. り 新しいは,で長持ちするように年数100年にけたさままなりみが行われている.に本のの大きなの一となったPCのにしては,記のとおり多重のがなされている. 1) 主面にランをする. 2) 部はCの面を行う. 3) PCはエ樹PCをする.(Cスラン) 4) のいエンースをする. おりに平成2年4月,事のは約50でりのが一りしたである.るりにいてもに分して事で事をしたい.事を当して感じることはしたを作りすことは,新設を作るよりはるかにで多大な間と力をする.ということである.これをにじて入なを行い,くてな新しい川を築したいとえている. e ords:道1号,,,PC, Cスラン ーにーブルにさ設置にに設レー設に置ーブル設置設ーーににた設レーーににーー用設ーブル設設-4 設 -1 設のーー PC 設 -3 PC(主ール) 技報 第13号(2015年)47

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です