技報第13号
57/92

32 設の査結果をまえて,のようにを行うこととなった. (1)第1バースと第3バースでは,のにPCをできるのでールによるを行う. (2)第1バースの一部の所にいて,ールだけでは力をえない部分にをする. (3)第2バースでは,ールを行うと入するススが大になりす,にえるーがとなるため,ン面をするンとによりを行う. 41 ー 事のうち面作業に関するーを-4にす.なお,本事では面の事として,,係ながまれている. -4 ー 42 421 面のはいかだをし,の手で設した.ま,設に部持を後アンーをいてける.に,PC(152)をの面に平行方にし,中間部はに後ちアンーを設してりーンでPCを持する.PCをし,のにを,エスンタルを設し番で結した.エスンタルを作業とすることによりのをけにくいとなる.エスンタル作業を-1にす. -1 エスンタル作業 422 ーブ にするールは,第1バースでは110およ130,第3バースでは50である.第1バースは,する海クーンにするにをりけるが,第3バースではックを設してした.ールのは,のにされたPCールをにきで行った.このときックにンークーンがされていないことをしてを行った. 第3バースのールを,-2にす. -2 第3バースール 423 は,のを実し,人力がな重(150g)となるよう加を作成してから作する. けに,ンクー面にする石やれをーラィスクンーをいてし,を平にる.は,1m2当たり6本されたアンーをいてンクー面と5mmの間をようけ,面にエ樹を入する. 423 ンは,部にーをし,ン面にアンーをさせンクーをち,するものである.部には,RP重がされているので,ーをりける部分は重をにしてを行った.アンーは,機入式アンーをした.立を-3にす. -3 ン立 おりに 本事は,中の面で日々変するやといながら中である.また,面ではや係なンテ役作業とを行いながらの作業もに行っており,さらなる,を加えながらをめているとこである. 本報が今後の事の参となれいである. e ords:面作業,エスンタル作業,ール,,ン 技報 第13号(2015年)49

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です