技報第13号
59/92

3.4 エートース エアーンールステ(一を持できるようンバーターによる)を設し,設は本をめ一にルタル設まで150mmAq,ルタル設18002100Paとした.またンクー設後,所の(14N/m m2)をしてした. 3.5 でーに一成されたを作業をし100tクーンにてり,中央に設けたセンターから方めにりらせた設ーをらせるようにして,部のアンールにをした.の後,エアーのをし作までした.このの力とを目に子のバンをし,所までした.(-4) -4 設 3.6 ェ 所まで後,とルタルを一するためのアンーピンラスの結のッを面にた.の後ルタルのラス,を面にしルタルを設した.ルタルはの変をして,重とならないように設する.設後はにじ分な生を行った. 3.7 ート ルタル後,を持したで部のンクーを設を行った. 3.8 部ンクーの後,をした.の後は,センターのの部のをりり,で当てをして部を行った. 3.9 JWWA K143 面作業にのを行い,分していない合,が5でに結のれがある合はは行わない.また面をし8%であることをしィスクンーでり平に,ラはテでり,り後ーラー刷毛をして中り,中り後ピンールをしーラー刷毛をして一に色ラがないようにした.(-5) -5 面 3.10 RE 面の作業としが想される合,後でがの合,でがにするれがある合はをしない.タンスれがある合はーラをしてを行いはィスクンーで平にを行い,手の生を行った.生後ラーターンけッーのを行った. 3.11 ウ の作業としが想される合,後でがの合,でがにするれがある合はをしない.はィスクンーで平にを行い,手の生を行った.生後ラー中り(2目)ッーのを行った. ま エアーーのとして1,持が(ー面にするにビール樹がーティンされているためのによるをとしない)の(をとしないこと,また作業の設や部からののがない)力の(のおよの立作業にしてのした,大をとしていたがエアーーではのような力のをできる)期(,の立作業およ事がないのでに期が大にできる)にしい(合をしないためが発生しないのででにしいである) 山タンクはではめてのエアーーによるタンクである. Key Words:エアーー 目博志 富 技報 第13号(2015年)51

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です