技報第13号
63/92

のをするため,-2にすように,スン(大)をのルーンと一としたンン部とし,あらかじめPCールを部に設するを行った.部のを常のC-MAタ(ィビーク)にえ,新たに発したタのとすることで,重にPCールがけちるをした.作業は,スンと続する部アの部にて行い,ア部をに変することで,のにした.また,部をタとしたことで,PCラのを建部に設けるがくなった.-2にスン(大)の設をす. の,2にに生じる力をするため,ルーンの入方式をし方式とし,スス入によるの変をルーンの目間でらせ,させる計とした. 42 31お 1のエンランスは13までのきけ間となっており,部のは3分のが立するとなっている.エンランス部分は意にせる間であることから,1分ごとにPCa部をみた合,作およによって生じる目のがされた.のため,3分のを1部とするを行った.設を-3にす. また,31とした合,のれや設後のがされたため,設のPCを設することで,のをした.ま,PCのをで行い,のれをした.に,設にPCの力をすることで,建の設計にをえないようした.さらに設後には,1部にめんだPCと続することでをった.また,にエクンピースをりけ,建方ATOMU(ア)(-3)をいて建方を行った. 43 当の設計では,はとしてのPCFをち計とされていたが,作およをみて,とPCFは々に作を行い,でり合う方がされた.しかし,部のにいては,建築面の関係からとPCFの間にり合いのスースをできなかったため,PCFとを一して作するが生じた.作方としては,事に作されたPCFをにし,代わりとしてのンクーを設する方をした(-4). PCFはとなるため,けやれのいこと,にするりけがされた.のため,ックアッを作し,事にをいした.りけは,ックアッ部のを行った結果から,2mmのりけとなっていることができたため,PCFにを設け,を行った. ま 二子川東第二区第一発事業のでは,のいPCa部のや作を行った.の結果,2015年4月には事をえ,二子川に多くの人々がをンックな建築となりある.また,今を行った新しいが,今後のPCaPC建築の計を行うの一となることを期待する. Key Words:PCaPC,建築,ンン方式 , ルーン,PCF 央 今村雅 貴 -2スン(大)設 -3 31の ト てし 対 -4 PCFちみの作 -2 スン(大)とのまり 技報 第13号(2015年)55

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です