技報第13号
64/92

ストストストート すなま公 東京建築 建築設計部 大一 東京建築 建築事部(東) 英人 東京建築 建築事部(東) 成 東京建築 PC建築部(東) に 2011年3月11日に発生した東日本大から2年りった2013年1月,は者が土を意しを建て,れを土ごと買いるという興買事業をした.このにし,,当社のルー業が所有していたRからに一の長の土をし,産業者であるールアティ社,設計事務所である山設計社,元建設会社である建設社およ当社でルーをみ,したとこされた.当ルーは,興という,期に大のなを建築することが重あるとえ,建設かられ,大きなをれた関会社であるピーエスンクーでなス(PCa)部を作し,や務がするでは,当社が得意とするススによる合により部を合にみ立てて建を建築するスススンクー(PCaPC)でした.本稿では,の合のため,から,持ちまでPCaした13建てPCaPC興の設計およにいて報する.建を-1にす. 21 のための作成の2013年1月は,ではィクスンクーの1日のが1あたり150m3にされ,の事では期のれが生じていた.こで,本建では,でのンクーの設がなく,期がいPCaPCで計した. 中の部をPCaし,で立てる方にはいくかあるが,本建では-1にすように,主がする所にを設けた合部を部と一に作し,からきた主にすンンとれる立てを行方にした.さらに,の合は,でのンクー設およの立てを力らすことを最先にえ,スン中央に30mmの目を設け,ススによる合するをした.間方は,行方のPCaRCに所ちンクーによるを合するとした. -1 PCaPC建を効よく建築するには,スン長さをじにし,部の作,およでのをしやすくするがある.集では,の間りタごとの有面と数にする合が-1のようにめられていたため,本建では,行3スンの中に4Dの2を2,また2スンの中に2と3Dを2する計とした.れらのにはを設けられないため,せいのさいPCaPCのを設けることとした. -1 間りタごとの数にする合 間りタ 2 3 4(3)4 有面(2) 3 0 6 数にする合()30 30 30 10 イー -1 建(エスエス東京) 56

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です