技報第13号
67/92

33 PCaは1ピース毎に,が,を式となっている.にはSTけアが設けられている.-2はである.方ににみ重た成となっており,1アは2のPCaからなる.PCaがけた部分がとなり,,としている. て PCaの建て方はのとおりである. 平の PCa部に合わせてスラにをし,りのをに部を(X,Yで)した.建て方のはテ,を.部のは,り,ーザーしで合わせる. ル 設にルを,ラーを.一,部を設までし,ラーのなじみ,とのをする.ルをしたで部をりし,部さをラーにて.部を設し,ルを最する. 最 部の計をめ,事にCADの作をにから部までの平面,平の数を計,ータルステーンにて数をする.さらにからている主間のを,部,間のを行った.-3はのである. ま 本事はにをみない式でのいものであった. はPCaをいいにみ重るかたちで成されているのに加え,平面ものをに平面のと異であった.のため,作にあたっては立面,平面々のごとに多にわたる々のを行った.部作,にあってはの式が異であるが,められるはく,方の実に力した, 設計,元け,当社,部作が一となりこの建をりるためにクルを一にしてりみ,のみ重様,関係者の努力のみ重により成した建である. Key Words:建築,PCa,石,多平面 昭 大 :-2 -3 設 -3 : :ラー技報 第13号(2015年)59

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です