技報第13号
70/92

にを 事 東京建築 PC建築部 央 東京建築 PC建築部 新原浩二 東京建築 建築設計部 大 東京建築 建築設計部 今村雅 に 本建でされたPCaPCは,大学部のーと大間の望にえるための,方ののPCaにってされたンン,またアにいてはスをえたPCーの3で,合なステをも建となっている.このような建では,部のまりやによって,PCa部の立がされるため,設計において期をするためのがなされた. 本報では,なとしてにされたを成するためにされたンンを中心としたにいてする. -1 建(石本建築事務所より) 事 21 事 事 :子大学新新築事 事所 :川原区文京2丁目4022 発者 :学校人 子大学 設計 :株式会社 石本建築事務所 建築 :大成建設 株式会社 PC :株式会社 ピーエス三菱 東京建築 :PCaPC(一部ンクー,) 数 :4建 建築さ :最さ18400m,15540m 面 :130881m2,建築面:12116m2 面 :419002m2 事 :2014年2月1日2015年2月28日 PC事 :2014年6月10日2014年10月30日 -1 2およ2り 22 事 -1に本建の2およ2りをす.2りの面は長600mに渡りのがされている.の面をPCaPCで成するためには,へスス力がれないように,スス入にと(ンン)とを分しておくがあった.のため,部とンン部の目をするに,ンンのになススを入する計とした.ススの入にしては,ンン部のススによる変をするために,がされていない15りの合部においてを設けている.のため,1と11では変が異なり,11では最大で11mmの変となることがされた. 当の計では,ンン部に一なースをいることとしていたが,この合とースとのあきがで11mmであるため,スス入による変と,作およをすると,とースとがってしまうことがされた.こで,ースのを大きくするもえられたが,部のとのまりによって,ンンのを大きくしないよう,ースをいることで,とースとのあきをで16mmした. 細ート 62

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です