技報第13号
71/92

31 事サイ 本建は3のPCaPCを築するため,手が設計においてされていた.手としては,2りのンン部をした後に,のPCー部のを行い,最後にの部をする手となっている. なお,本建は合なPCaPCに加え,面の所ちのな一部がする建であるため,のようにPC事の手がされている中で,のがクル,スくめられるようがめられた.のため,面の所ちにする,2りの部およンン部を先して設した.また,2りの設に行してのけのみ立てを先行することで,のPCーのおよとに,のの設が行えた.さらに,を区の分のみ設したで,ッンのスラ作業に手できるよう設をした.これにより,においても務およ期の面でスのないクルを実できた.-2にクルーをす. 32 お 2りのンン部のは,スス力をにさないように,ンン部と部の目をするに行う計となっていた.ンン部は主だけではなく,もースにさせるため,分なをした.しかし,ンン部の部重が1423 tと非常にく,か設にはのにされた,設のル(4所)のみで持されている ため,り合う部を設するに,すでにめされた部が,れてしまうというが生じた.のため,部のめおよにいては,り合う部が設された後で行う,後いによるを行った.また,設のにいては,め後,目りけ後,目ルタル入後の3に分けて実し,をした. また,22にすように11りで11mmの変が生じることがされていたため,設のにも部を10mmにして設した.後に部の変をした結果, 11りでは912mmの変が生じており,結果にして2mmであったことから,設計りのススがンン部に入されたものとする. おりに 本建は意設によるをさせるために,合なPCaPCがされた.また,実のないのをしたPCaPCにおいてンンをし,のいのもと,事期にすることができた. e ords:合なPCaPC,の, ース 央 新原浩二 大 今村雅 スブ細りートY2Y1りスートートりりりししりてりりりスートてり細りりりりりり細り細り細スブスーブ細ま▼      ▼      ▼▼▲▲▲▲し細スートり【NO,①】【NO,②】2日目~3日目1日目【NO,③】4日目~5日目【NO,④】6日目~7日目【NO,⑤】8日目【NO,⑥】9日目~11日目【NO,⑦】【NO,⑧】16日目~17日目12日目~15日目【NO,⑨】18日目-2 クルー技報 第13号(2015年)63

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です