技報第13号
73/92

事 31 事 PCaPC事実期間は約20月であった. 32 PCa部はピーエスンクー(株)と(株)部日で作した.部のは,部(40p:6t),スン方大部(30p549t),方大部(36p:415t),D(138p:502t),バルー(18p:54t)を作した.作期間は2013年4月中より2013年月中までの約4月であった.部数は合計262p,部重は219tとなった. 33 て 部は作の関係,のがでの設方と変わってくるため,部の設はき後,のきをしてから所のに設した.のは部にされたPCをめ部分にめんだPCと続し,部にてめを行うことで立させた.これにより,建て入れーをせに建ちを行うことができた.の合方はPCだけではなく,もし機式継手で合している.-3にの設をす. -3 部設 -4 部設 部はからりでする事で作業の力をり,1日平で9p(3分)の設を行った.長方は長が864mありPCよりの長さは約90mとなった.のためPCよりの入作業はッンーンをし,本入をおこなった.-4にの設をす. 3分大は一部あたり20tとなる様に目をしたが,PCののR部分と重なるであった.のため常うしースはせ,目部をッターのとし,分ースにてを行った.また,分の力は6c9s152をし,約9600の力を入した.部の設,目,PC入の一の作業を4日でした.-5に分大のをす. -5 分大 DのPCは4c1s152がされており,中央ーがなくてもッンクーの重にえることがである.-にDのをす. - D ま 本事はPCaPCのを最大に生かす事のできた事であり, ,,部のいをでみ立てることで,およなをらし,の作業のおよにおいてすることができた. e ords:,,大間,分大 学 研郎 技報 第13号(2015年)65

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です