技報第13号
75/92

32 対 の設計ではのがである.れは,がり合う所に目ができ,間が生じるためである(-1参). 本事では,がい1目のは2分 を一した部として平目をし,がい2目のは面がいため,2スン続3持の11mにして目をした. 目のにいて-4,-2にす.をせるの部に設けたッンは,にれてくるがからーバーーしたににするのをためのものである.に,部のスーに設けたッンは,スーにするルタルのーバーーである.また,の先にがきあがり,がに重なる部分に生じる平目からにするのをため部にスッを設けた.しかし,間でスッがれるため,こにがきことが想された.こで,-のーンを目からに100mmのにする設計とした. 33 対 本建の所は長野で,にするため,ンクーのがされた. はンクーが50N/mm2とく,センがく,ンクーがになるため,のがないとえられたが,み石およき部は,常24N/mm2のンクーをいられるため,らかのがであった. 本事ではAEをしンクー中にまれるの目を5.0~5.5%としを行った.さらに,ンクーを24N/mm2からとじの50N/mm2とすることで,センを約30とした. りお 2目の客最に設される部は手およ宣伝をりけるための立ちがりとれが一となったなである(-参).一には客から見えかりになる部分がになるようにちにて作する.当部でちを行うと,れ部が部の部にするとなるため,-にす部までンクー設を行い,間をいてれ部を設した.しかし,部後に立ちがりとれとのでンクーの色いが生じたため,タンにより色合せをしたンースの修により色いを修した(-3参). 42 本事のの方は,式により行った(-4,-4参).ま,けのにあらかじめスーを設けておき,のスーにルタル(MG-15M)をする.に, 部にめんだンーにアンールをりけ,けに設けたスーにアンールをとし.の後,ルタルがすることでがけにされる. おりに ,長野合技のの設計にいて報を行った.結果,なもPCaとすることで,所ちンクー事が大にされ,期をすることができた. KeyWords:,期,, -1 設後 -5 a部 -2 部 - -4 面 - A-A’面 -4 部設 -3 部色い 目 平目 ッン アンール スー イサートスーブートストストーーー原 大 川 技報 第13号(2015年)67

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です