技報第13号
77/92

-2 PCa部 部数 最大長さ 最大重 重 P m t t PCaPC 49 1055 254 9851 PCaRC 28 98 155 3050 500 56 1 11808 ステッ 51 195 04 1234 -2 き 24 1ですンスタンを6区に分し,スタンとラスタンをめて,ンスタンを8区とした. の設は200tクーラークーンをして,中およ部を先に設し,2後に部を設するで,スタンからラスタンにかってにめた.ルーンの主およPCa主のり合いから,スタンのに合わせて真からりすがあるため,りに,ーンックをしてをし設した. の設は,およは50tラタークーン,中は200tラッククーンをし,ちRC部分のに合わせて,中,のにスタンからラスタンにかうで設をおこなった. 各まり 31 の合部はPCaし,主の続はPCa部にめんだラ式機式継手により行った. -3 ち合部 の合部は,ちンクーにより一するため,およれれのPCaからる主と,ちからした主が方にことから,スースにがなく,れれのをくするがあった.ち合部の設後を-3にす. 32 ンスタンの中央部分のバックスタンは,スタンが平面にれがる部分で,りが10間でにがっている.のため,にしてりくもを持こととなるが,でりた合,面で主をめることができない.よって,PCaでりたをしのでめにすがあった.ッ面は機式継手をにしてめにりける事となるため,テーーきのをいることでした. -4 主機式継手りけ ま 技なのスタンにおけるをすると,がになり手間の多い作業となる.PCaすることにより,作業を力することがになるとに,とをしてめることがである.に本事においては,東日本大の興による,の期と重なったこともあり,の効果を大いに発た. で技の建てえが中,人がしており,部のPCaは有効とえるが,のように部面が大きいにスンもく,1部のーが大きくなるような合,のや重機の約には分に意するがある.合によっては分して部作することもえられるが,や生産もして分をするがある.本事においては,しいまりであったものの,にとなる事もなく,スーにをめられ事に事をすることができた. e ords:PCa,PCa,野 山 一郎 澤 技報 第13号(2015年)69

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です