技報第13号
78/92

開し開をする 建築本部 設計部 生雅 に 建築のには設とともに人を設けることが多い.一のに数のを設ける合,ンクー計(日本建築学会,2010年,RCとす)では中心間はの3とすることが望ましいとされており,人のようにが大きいを設けるとのがしくされ,しし設の約をける. 本研究では,ンクーののをさせることを目として,大(人)のに中(設)を平の2の中心間に近させたRCのせん実を行い,せんにいて評する.なお,本研究は木あすな建設,,村,,,,東建設業,建設,長ーーン,ピーエス三菱,三建設,ーー建による研究であり,本稿は本研究に関する発文をしたものである. 21 -1に一,-1にo3のをす.数は6で,部にスタを有するとし,約13の部分に大1と中2,合計3のをした.のにはのをし,いれのも大部のせんが先行するように計した.-2にのをす. 22 -1に加力をす.はきとし,部分にーンが作するように番しのを行った.は部でし,11000radを1,1400,1200rad,大部の期せん力当を2,1100,16,150radを1のしとした. -1 加力 -1 (o3) -1 一 中心間大 間 平 o1 5625mm 264 4D64 2D62 2D6()o2 35 mm 4D65 2D6(続)o3 D10 (続) o4 なし o5 264 4D61 2D61 o6 4D65 o1の平はごとに o6は中をに125mm心 ,事 :300mm,せい:50mm, スン長さ:2250mm, 大:250mm,中:125mm,中:282,主:ともに8D16(pt0), 一部あら:4D60(p06) -2 の ン 係数 ンク ー ン係数 D16 995 182000 o1 2 308 2600D6 381 168000 o3 4 320 28800D10 380 19000 o5 6 33 288006 891 1000 は02セッによる:mm2 8 922 180000 中 大450450030040134 250 1344050 4040 35 35間 中心間平(続)部中区間 70

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です