技報第13号
82/92

をしりス 技術本部 技術部 博之 技術本部 技術研究所 本 1 に 近年,ラによるのり面のが多発しており,年のの土砂では多くの人がわれた. これらの事をすると,するのり面の期の異常報を期にすることが重であり,の後,のをできるかがである.本研究は,これらのーにえるために,力発をしたのり面ステを発したものである. のり面が想される面に,な計を大に設する.による面の期のきをに感知し,この異常事を客に報としてールでお知らせするとに,のをする. これらの山は,がけないなの力がな所が多いため,この力のとして力発機(Diaing)をした.今,一のステをするために,三菱テアルの山において実実を実したので,これを報する. 2 21 りス が想される面に,な計のいたのり面センーを大にする.この計がき,設された一のをえると報を発し,の本に報を集約する.の報を(3)でンターッのーバーにせ,ータした後,客に報としてールでお知らせする.にの面に設したラでもできるステである.これをもとに,客はをするな,行がとれる.(-1) -1 ステ 22 実所:業株式会社 (原34) 実期間:平成26年月平成2年3月 3りス 31 力に,力発機(Diaing)200タをした.(-2,-1 この発機(Diaing)は,で,のきに関係なくし,力と力の方のの力を効に利するためしたを継続する.また,ル(02)を設したッタである. -2 力発機 -1 力発機 32 りサー のり面センーのールは,テの24をした.24はがいであるが,にはいがある.機と子機とのは,おいの見しがであり,見しのい所には部アンテがである.計には3加センーをし,このセンーのは(約1年で)をした(-2-3).今は,業の面に,のり面センー10所を設した.は,とする力発機から,一番はなれたセンーまで,平で約150m,は約10mである.(-3) ーーブレ 74

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です