技報第13号
83/92

-3 と平 -2 のり面センーの部 -3 センーの 33 スにおるー されるータ面を-4にす.この面は,力発ータの発バッテール,のり面センーのおよータとラからのを見ることができる. のり面センバスから期に号をり,常である合は色でされる.また,きが大きくなって(20)をえたン発生に,色を変え報をらすステである.ンが発生,れが1所のみの合は色,3所はン,5所の合は色でされる.この設は,(525)もめてに変できる. -4 ータ面(ッ) 34 にる このステは,のり面センーのン発とに,遠ラによる(-4)を行う.常は,(11間)を,ン発生にはをする. -4 面 35 8月から3月までの力にする発のを-5にす.発が1日の平325(日)にし,力が1日当たり168(日)であるため,発がないをみても,のバッテーで分にした. -5 力にする発の 4ま 今の実結果から,本研究の面のステの本ステの築にいては,事に成した. しかし,ンーラのののり面センックスのラにおける所所の望遠ーへの機ののも発生しており,これらのをするとに技術にけた研究発を継続していくことが重である. e ords:土砂,,のり面,,力発,ステ 博之 本 130mm60mm 計 (3加センー) ール アンテ 0102030405060080910電力量()ー面ー面ー130mm          技報 第13号(2015年)75

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です