技報第13号
85/92

主な,先にいてをする. 3.1 3.1.1 I-35W Saint Anthony Falls Bridge-4 アスのッピ川にかる4間続PC2主.2007年8月にきたラスの事のえであり,この事でめて日本でもの重がされた.本は部からのであるがスのや作業により当の期をし事から約1年後の2008年9月にしている.ンクー中にはセンーがめまれており常タンされている. なおRCアー(真)がしており,を見るとンクーののが行していた.後にしたとこの式HPの,クHPで修計がされており,もめて報がんでいる印をけた. -4 I-35W Saint Anthony Falls Bridge 3.1.2 Michigan Avenue Bridge -5 1920年に建設された川にかるのルッの.この式はとしてきもしている.ンスーのでありのンが設されている.90年に建設されたが役でし,またはにも近年のをめークなも多く文が感じられた. -5 Michigan Avenue Bridge 3.1.3 St. Croix Crossing Bridge-6 で2目となるアスのセンク川に建設中のスセンによるエクスラーPCを見学した.ではの建設およ主センの作がめられていた. -6 中のおよセンー 3.2 CORTEC CORTEC社はアスに本社をくィルのに関してのさままなを発しにしている業である.ンクーに関してはランのンクー面を発しており,のの事や効果技術な明をけ,や研究所を見学した. おりに ンンにおいてされた会に参加発した,のや会社の,非常に貴重なをさせて頂いた.最後にこのような機会をえて頂いた関係と,行ンバーに心から感しる第である. -7 セッン会にて行ンバーと Key Words:PCI,, 三郎 技報 第13号(2015年)77

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です