技報第13号
86/92

fibウ2015おース報告 技術本部 技術部 知 に 2015年5月18日20日にConcrete – Innovation and Designとしたfibンがンークの都ンーンでされた.ンのおよンークランスのを目とした査(長:東京業大学 22 -1)の一員として,会に参加するとともに行ったので,本稿ではンのと印にったにいて報する. -1 査の面々(ーにて) fibウ ン会は,-2にす中央から近いテルンンンセンターである.ーンセッンの後, 9のピック,21のセッンに分かれて191(,18は日本人)の一があり,46から集まった388の参加者により心なが行われた.筆者もRepairのセッンにおいて,-3にすように当社のラてん部の修であるッの発と実へのにいて発を行った. -2 fibン会 -3 fibンにおける発 ー ンーンは平な都であり,の利およ道のがい.-4はン会から近いPC式のである.道と道から成る()と,道と道から成る()が行してされていることからもの利のさがわれた.のではがので結されているのがであった.また,やの加のりけ方ががでよく見られるのと異なり,面およ面に方に続してされた3本のールを利したであったのが印であった. 添加物取付用レール -4 ンーンの ートウェストブ ールンクのスッは-5にすように道(真)と道(真)が行してされた長6611mのPCである.のスンがじであり,でが大きく異なっていた.ともにかい合うの面にールが方に続して設されているのがであった.持に利されているものとえられる.アバッ方にはいスースがされており,さらに部にはのでも見られるようなのスールが設されており,持へのが見られた. ウェブ側面に設置されたレール -5 ールンクのスッ 78

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です