技報第14号
12/88

波形鋼板ウェブを用いた6.4mブロックの張出架設 -新名神高速道路 塩川橋・下り線- 大阪支店 土木工事部 田口靖雄 大阪支店 土木工事部 清水啓史 大阪支店 土木工務部 後藤友和 大阪支店 土木工事部 小原昇吾 1.はじめに 塩川橋・下り線は,西日本高速道路(株)関西支社発注の新名神高速道路塩川橋他1橋工事に含まれる橋梁であり上下部一式の工事として発注された.本工事の工期は平成24年7月13日~平成28年10月19日(工期延期予定)であり,図-1に示すとおり兵庫県川西市に位置し箕面IC~川西IC間に架橋される.本報告では,塩川橋・下り線の波形鋼板を用いたブロック長延長およびA2橋台の施工計画などについて報告する. 2.工事概要 本橋は,橋長233.5m,全幅11.8mのPRC3径間連続ラーメン箱桁橋であり,A2-P1径間はP2橋脚からの張出し施工によって,P1-A1径間は固定支保工によって施工する.P2橋脚からの張出施工長は89.2m,最大桁高は12.0mであり,同形式の張出し架設工法を採用するPC橋としては国内最大級である.本橋の全体一般図および標準断面図を図-2および図-3に示す.完成予想図および全体一般図に示すとおり,本橋はA2-P2径間で能勢電鉄,国道173号および一級河川塩川と交差する. 3.上部工構造の変更とその効果 3.1 概要 本橋は,基本設計においてコンクリートウェブを用いた構造で設計されていたが,詳細設計においてA2-P1間に波形鋼板ウェブを用いる構造に変更した.変更の目的は,上部工を軽量化してP2橋脚および深礎杭が負担する反力を低減すること,また張出し架設工法に用いる移動架設機の負担重量を低減して1ブロックの施工長を延長することであった. 3.2 波形鋼板ウェブを利用したブロック長の延長 本橋の上部工架設には,張出し架設工法を適用する.本架設工法における1ブロック(以下「BL」)の施工可能長は用い 図-2 全体一般図 図-1 新名神高速道路における塩川橋の架橋位置 図-3 標準断面図 塩川36700EP1P2A2E能勢電鉄H.W.LA1至高槻深礎杭φ3500A1側L=14.000mn=2本P2側L=12.000mn=2本大口径深礎杭φ10000L=12.500mn=1本深礎杭φ4000山側L=10.000mn=1本谷側L=16.000mn=1本深礎杭φ3500山側L=15.000mn=1本谷側L=15.500mn=1本1200027000450016900105002500国道173号線川西トンネル(下り線)至神戸PRC3径間連続ラーメン箱桁橋橋長L=2335002319009250010070010008008001000ER450011260325023802703.50%270325023801250250035004801075090480118003500250t=80mmアスファルト舗装PHPRC波形鋼板ウェブ箱桁PRCコンクリートウェブ箱桁暫定時道路中心線完成時道路中心線4500~120002500~4500A2~P1径間P1~A1径間波形鋼板ウェブ4

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です