技報第14号
14/88

高流動コンクリートを用いた接合部の施工 -新名神高速道路・八幡JCT Dランプ1号橋- 大阪支店 土木工事部 長井吾朗 大阪支店 土木工事部 森石英信 東京土木支店 土木工事部 別所辰保 大阪支店 土木工事部 廣池亮二 1.はじめに 新名神高速道路 八幡JCT Dランプ1号橋は,西日本高速道路(株)関西支社発注の新名神高速道路城陽JCT~八幡JCT 間のうち,第二京阪道路と新名神高速道路を接続する八幡JCTの一部である.本橋は鋼・PC複合11径間連続箱桁橋であり,この内終点側4径間は新名神高速道路およびIランプと交差する.そこで,維持管理性の観点から終点側4径間にはPC桁が採用されており,起点側7径間の鋼桁と終点側4径間のPC桁は騒音・振動の低減および走行性向上のために,鋼殻セルで接合された掛け違い部を有しない混合桁構造が採用されている.終点側4径間の架橋位置を図-1に示す. 本報告は,PC構造と鋼構造の接合部鋼殻セルに用いる高流動コンクリートの打設試験について報告するものである. 2.工事概要 Dランプ1号橋は全橋長が495.0mであり,終点側4径間のPC桁区間は140.1mである.PC桁区間は最小半径120m,横断勾配8.0%を有する曲線橋である.本橋の側面図および断面図を図-2に示す. 3.鋼殻セルの高流動コンクリート打設実験 3.1 試験概要 鋼殻セルは各セルが鉄板で仕切られた構造で,上面からのコンクリート打設が不可能なため,鋼殻セル終点側の2.0m区間に設けたコンクリート充実断面部から高流動コンクリートを投入し,充実断面部と供に打設する計画である.鋼殻セルの断面を図-3に示す.接合部の線形は縦断勾配が2.2%,横断勾配が8.0%であり,高流動コンクリートが勾配の高い側に確実に充填されることを事前に確認する必要があった.よって接合部を模した型枠を製作し,打設試験を実施した. 3.2 試験の目的 打設試験の主な目的を以下に示す. (1)高流動コンクリートの経時的な性能変化確認 (2)供試体内への高流動コンクリート充填状況確認 (3)脱枠後の高流動コンクリート充填確認 図-2 側面図および断面図 図-1 八幡JCT・Dランプ1号橋のPC桁架橋位置 図-3 鋼殻セル断面図 18800支間長35500支間長35500支間長47700P7P8A2EEE10500PC4径間連続箱桁橋148500P9EE支間長28900P1060002000(鋼殻セル)350035002500桁長14810040050016400250035001470025003500148003500500接合部新名神高速道路Iランプ1次施工区間(84.2m)2次施工区間(53.9m)DCL93003500250017501750166032010003204700視距拡幅2800.41310603x250=750500490.416ケーブル貫通孔88φ184孔補強鉄筋(フープ筋):D16補強鉄筋(軸方向筋):D19200PBL貫通鉄筋(D25,L=200mm)横断勾配:8.0%供試体模擬箇所6

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です