技報第14号
33/88

図-3橋脚補強断面図 図-4機械式継手詳細図 4.施工方法 標準的なPCコンファインド水中施工法の足場は,気中部は単管パイプと足場板により作業通路を設けている.また,既設橋脚とプレキャストパネルの間に帯鉄筋は組立ない.施工方法では,これらの本工事における標準と異なる点について以下に述べる. 4.1 作業反力台 補強箇所は水面下3mから10mであり全て水中作業になる.水中作業時に使用する足場として,単管パイプを格子状に1面で組立てた反力台を固定した.これは,流水に対して潜水士が捕まる場所や作業時に足を掛け踏ん張る場所として使用し,取り外し移設可能なように6m×6mのブッロック単位に組立てた.また,橋脚天端に設置した支持梁(200H)上には,右左岸側に可搬式安全通路(フライングブリッジ)による作業用通路を設置した. 橋脚の右岸側および左岸側に台船を配備し,下流側にはクレーン付台船を配備し,作業通路から台船までの移動は梯子を利用した. 4.2 鉄筋組立 帯鉄筋は,組立てると1周84.5mとなり機械式継手を使用し,水中で組立てることは規模が大きく困難であった.そのため,写真-2に示すとおり,台船上で直線部と曲線部の7分割に大組し,クレーン付台船や架設装置のホイストを利用しながら水中に取込んだ.水中では,潜水士が基部で帯鉄筋を1周に接続し,ホイストとフロートにより吊上げ,上側から順次組立てた. 写真-2帯鉄筋の水中取込み状況 5.おわりに 本工事は,1橋脚として大規模でかつ,補強部全体が水中施工である.今後,同様の工事に本稿が役立てば幸いである. Key Words:PCコンファインド水中施工法,作業反力台,フライングブリッジ,機械式継手 大関博 技報 第14号(2016年)25

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です