技報第14号
44/88

写真-1 起点側完成全景 表-1 工事概要 図-1 地質縦断図 写真-2 坑口部切羽状況写真-3 鏡吹付け状況 掘削方式 発破掘削,一部機械掘削 補助ベンチ付全断面工法 上部半断面工法 CⅡ-b 75m,DⅠ-b 50m DⅠ-b-1 18m,DⅢ 32.9m DⅢ-1 7.2m,坑口付け 10.5m 合計193.6m (設計)51.411~64.766m2 (支払)55.140~68.541m2 注入式フォアポーリング 301本 鏡吹付け 1740m2坑門形状 面壁形ウイング式 2箇所非常用施設 無地  質 ジュラ紀付加体堆積物 粘板岩掘削補助工A掘削工法支保パターン掘削断面積トンネル工事の工期短縮の取り組み -一般県道吉里吉里釜石線 室浜トンネル- 東京土木支店 土木工事部(東北支店駐在) 小原正直 東京土木支店 土木工事部(東北支店駐在) 宮本靖 大阪支店 土木工事部 江川修次 東京土木支店 土木工事部 園木聡 1.はじめに 室浜トンネルは,岩手県釜石市の中心部から北側に約7kmの大槌湾沿岸部で,一般県道吉里吉里釜石線の一部である.東日本大震災により大きな被害を受けた室浜地区は,釜石市の復興まちづくり整備事業の一環で,地区の孤立解消を目的に,津波被害に強い県道として新たに計画された.これにより県道は,津波被害を受けた沿岸部分を,山側へ移動し切土およびトンネル構造(室浜トンネル)となった. 本稿では,事前に検討した問題点とその対応策について述べる. 2.工事概要 本工事の工事概要を表-1に,地質縦断図を図-1に示す. 3.施工上の問題点 3.1 切羽の安定について 起点坑口部は,風化が進み未固結であるため,掘削時の切 羽が自立しない状況であった.またDI-b-1区間の弾性波 速度の低下部は断層破砕帯の出現等,切羽の安定に問題があると考えられた. 3.2 全体工期の短縮について 工事は,平成27年度中に完了させる必要があったが,トンネル掘削開始時期が平成27年5月中旬となり,全体工期が厳しい状況となった.そのため,トンネル掘削中の切羽の進行を止めることが無いようにするとともに,インバート工・覆工コンクリート工・坑門工において工程の短縮が必要であった. 3.3 発破の振動騒音について トンネルの掘削には発破作業が必要であるが,トンネル終点側から80m振程度の近接した地域に民宿が営業しており,振動や騒音の低減を図りながら,切羽の進行を確保する必要があった. 4.対応策 4.1 切羽の安定対策について 4.1.1 坑口部安定対策 坑口付け部は,未固結地山で切羽 が自立しない状況であったため,小 断面に分割して掘削し,一次吹付け ・鏡吹付けを速やかに行うことで, 切羽面の安定を保持し掘削を進めた. さらに切羽面は,核残しを行い掘 削箇所の安定化に努めた. 4.1.2 DI-b-1部の安定対策 No.32+14付近から切羽面や天端付近では,亀裂が増え,開 口部の幅も広がってきたため,注入式フォアポーリング(岩盤固結注入材)や鏡吹付けを行った.しかし,切羽面の風化は著しく,鏡吹付けコンクリートと共に切羽面から層状の肌36

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です