技報第14号
55/88

3.PCaPC工事計画 3.1 立地条件と配置計画 当該工事ではPC合成床板受けの支保工の組立作業を進めながら,柱および桁梁の架設を進めていかなければならない条件であった.さらに部材架設時のクレーンの作業半径は柱18m,桁梁12mであるため梁架設完了までクレーンの移動が複数回発生し,また車両の搬入導線が1ヶ所しかない条件であった.これらの条件から資機材の納入回数,置き場所についてはかなりの制約があり,調整に苦労した.図-3に場内配置図を示す. 3.2 PCaPCの施工 建方用クレーンは120tオールテレーンクレーンを使用し,柱(20t)架設時の作業半径が16m,桁梁(27.4t)が12mの作業条件であった.柱部材の仮置きスペースと高所作業車の導線確保を考慮し床板受け支保工の組立を進めた.3部材に分割されたPC合成床板は桁梁および支保工上に架設し圧着を行った.1日あたりの架設枚数は3列(9P)もしくは4列(12P)とし,架設順序は両端部を架設後,中央部を架設し168Pを16日間で行った.圧着目地の無収縮モルタル打設は後続の架設作業による振動の影響を回避するためスパン毎の施工とした.写真-3にPC合成床板架設状況を示す. 柱および桁梁とPC合成床板との各接合部の納まりは鉄筋によるダボ方式を採用し,柱頭部の接合は機械式継手により鉄筋を突き出し床板のトップコンクリートにて一体化を図り,桁梁天端部の接合は工場にて予め加工した鉄筋を桁梁天端部に取り付けた状態で現場へ搬入しトップコンクリートにより一体化を図った.また支承材はSTパッド(t=23)を使用している.PC合成床板の圧着目地打設後に圧着用ケーブルを挿入し緊張を行った.圧着ケーブルのPC鋼より線は1c-21.8φが上下2段に配列され各部材毎に上段の緊張が完了後,先端部の支保工をジャッキダウンし,その後下段の緊張を行い,版々間のプレート溶接を行い部材の一体化を図った.その後桁梁の3次緊張を行い最終緊張力を導入後PCグラウト注入しトップコンクリート打設までの施工を完了した. 4.まとめ 当該工事はPC床板が3分割を支保工上で一体化するためPCaPC工法としては支保工が必要となり,PCa部材の架設と並行して支保工の組立を進めなければならない条件であった.同類の諸条件での施工例があまり無いながら搬入導線および作業スペースの確保と円滑な施工を進められたことは今後類似物件への参考になれば幸いである. Key Words:PC合成床板,3部材,支保工 新原浩二 杉浦亮介 中澤和崇 2次ケーブル:PC鋼より線2c-10-15.2φ(SWPR7BL)▽▽▼▼▼▼▽▼1次ケーブルアンボンドPC鋼より線 1c-21.8φ(SWPR19L)2次ケーブルPC鋼より線 各1c-21.8φ(SWPR19L) PC鋼棒 各4-32φ(B-1) PC鋼棒 2-32φ(B-1)支圧板 75x155x32グリッド筋 9φトップCON支圧板 75x155x32グリッド筋 9φ 支圧板 165x165x32 スパイラル筋 D13▼設計GLYA1YA2▼RSL:165×165×32:D13C-MA 9S15.22c-10-15.2φ(SWPR7BL)PC鋼より線2c-10-15.2φ1c-9-15.2φ(SWPR7BL)C-MA 12S15.2150×150×32支圧板:▼▽▼▽▼▽▼スパイラル筋支圧板1次緊張定着体PC鋼棒 各3-32φ(B-1)PC鋼棒 各2-32φ(B-1)3次ケーブル2次ケーブルPC鋼より線:1次ケーブルPC鋼より線:緊張端定着体    :▼設計GL▼RSL←支保工←支保工←支保工←支保工XA1XA2XA3XA4XA5XA6制水栓仮設立上げXA6XA1XA2XA3XA4XA5休憩所4.8*4.8仮設WC大1台小1台倉庫キャスターゲート W=6.0m道路境界線 39,550搬出入ゲート詰所棟10,50018,00011,050▼図-2 軸組図(スパン方向) 図-2a 軸組図(桁方向) 図-3 場内配置図 写真-3 PC床板架設状況 技報 第14号(2016年)47

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です